20160920_095319.jpg

Champagne Discovery

泡を超えて

Le Champ du Clos, Vallée de l'Ource - Champagne Charles Dufour

- TASTING EVENTS -

bespoke tastings

- coming soon - 

- TASTING EVENTS -

champagne masterclasses

- coming soon -

- TASTING EVENTS -

champagne et fromage

- coming soon - 

 
20180418_124957.jpg

私たちに関しては

私たちは、22年前に会って以来、この発泡性の飲み物が私たちの生活の大きな部分を占めてきた2人の自白シャンパン愛好家であるGitaとLeeです。この地域への最初の旅行は、1999年に結婚式用のボトルを調達することでした。それ以来、私たちは年に数回訪問し、何千ものシャンパンを味わい、驚くべき新しい生産者、信じられないほどのワインと物語を発見し続けています。私たちは、ブドウ園からボトルまで、作品を通して物語を語る最高品質の小さなドメインに非常に情熱を注いでいます。泡だけでなく、シャンパーニュにはまだ白、赤、ロゼの素晴らしいものがいくつかあります。ラタフィア・デ・シャンパーニュを忘れないでください。この有名な地域には、無数の世界クラスのワインメーカーがあり、多様なワインを生産しているのは幸運です。私たちは本当に選択に甘んじています。私たちはワインが大好きで、シャンパンが大好きです!

チンチン!

今月のシャンパン
FRANCIS BOULARD ET FILLE
Blanc de Blancs - Les Vielles Vignes 2010

新年には、シャンパーニュフランシスブーラードエフィールがプロデュースし、2015年にワイナリーを訪れた際に購入した古いコレクションのボトルをお届けします。

 

ドメーヌの最近の歴史は、シャンパーニュレイモンドブーラードの背後にある原動力であるフランシスを見ました。家族とは別の道を進み、シャンパンフランシスブーラードを結成します。そうすることで、それは彼と娘のデルフィーヌに、バイオダイナミック農法への転換という彼らの目標を追求する機会を与えました。ワイナリーがCauroy-lès-HermonvilleからFaverolles-et-Coëmyに移転した数年前にFrancisが引退するまで、このペアは協力し続けました。南西に数キロ。

 

Delphineは現在、主にMassif de Saint-Thierry(Cauroy-lès-Hermonville)にあるドメーヌの7.5ヘクタールを管理しており、Valléedela Marne(Cuchery、Paradis)とMontagne de Reims(Mailly-Champagne)にも所有権があります。 )。

 

述べたように、ドメーヌはバイオダイナミック農法で栽培され、エコサートによって認定されています。ブドウ園では、収穫量を抑えるためにブドウの木が短く剪定され、「グリーンハーベスティング」の必要性が制限されます。自然な共生を促す雑草の覆いを抑えるために、年に6回程度軽い耕起が行われます。

 

ワイナリーでは、非介入的なアプローチが採用されています。穏やかなメンブレンプレスが使用され、プレスされたジュースを正確に制御するのに役立ちます。固有の酵母は自発的なアルコール発酵を助け、最小限の硫黄が加えられます。

 

アルコール(およびマロラクティック)発酵は、20ヘクトリットルの大きな大桶、デミムイド、ブルゴーニュとシャンパンの各フィート(それぞれ300リットルと228リットル)からのさまざまなオークの容器で行われます。

 

Blanc de Blancs – Les Vielles Vignesはヴィンテージワインで、私たちのバージョンは2010年の収穫からのものです。それは、土壌が砂質石灰岩である、Cauroy-lès-Hermonvilleの単一区画「LeMurtet」の古いブドウの木からのシャルドネで完全に構成されています。醸造は、果物の日に定期的なバトンネージが行われた熟成した時期に行われました。瓶詰めは2011年7月18日に行われました。 2013年4月30日に5glの投与量で解体され、Mytikディアマントコルクで密封されました。

 

試飲:2021年12月26日日曜日17:15時間(バイオダイナミックカレンダーの播種と開花の日)

 

ガラス製品:Lehmann Jamesse Abolus

 

外観:透明、淡い、レモン。

 

特徴:レモンブロッサム、カモミール、レモンジュース、レモンの皮、グレープフルーツ、ザボン、ライチ、パッションフルーツ、ハニーデューメロン、パイナップル、青リンゴ、ブラムリーリンゴの皮、緑の洋ナシ、チクの主な香りを持つ顕著な強度。トースト、ブリオッシュペストリー、バニラ、バニラファッジ、キャラメル、ショーソンオポム、レモンタルトの二次的なノートがあります。三次アロマには、アーモンド、アーモンド脆性、乾燥リンゴ、生姜、ジンジャーブレッド、干し草、蜂蜜が含まれます。ミディアム(+)ボディで、繊細なムースとロングフィニッシュ。

 

美しく細工されたワインで、信じられないほど新鮮で活気に満ちています。現在のリリースは2017年のヴィンテージですが、この2010年は、フランシスとデルフィーヌのワインの熟成がいかに優れているかを特徴づけており、これから何年も先を行くことができます。

 

価格–販売終了(2017年頃€57.00)

ŒNOTHÈQUE

今月の以前のシャンパンのライブラリ

Selosse - Substance.jpg
94311000_1568651463298607_13228477625044
 
 
 
IMG_20211201_080246.jpg

乾杯

私たちのガラスには何がありますか

  私たちが楽しんでいる最新のワインの簡単な説明。チンチン!

 

Lelarge-Pugeot – Coteaux Champenois Vrigny Rouge 2012

Jeaunaux-Robin – Fil de Brume

Jeaunaux-Robin – Le Talus de Saint Prix

Corbon – Brut d’Autrefois

Lelarge-Pugeot – Gueux

Laherte Frères – Les Beaudiers

Franck Bonville – Les Belles Voyes

Bonnet-Ponson – Non Dosé

JM Sélèque – Quintette

 

私たちはクリスマス期間中、素晴らしい生産者からの素晴らしいワインを楽しんで少し忙しかったです!